So-net無料ブログ作成

遅れてきたバレンタイン [今日のごはん]

オットが仕事から戻ったので、遅ればせながらバレンタインの晩ごはん。
世間はいったい何日よ(笑)と、自分でも苦笑いなんだけど、
最近、イベント的な晩ごはんもご無沙汰だし…と
久しぶりに張り切ってみました。


1品目、牛肉のカルパッチョ。
お肉(サシの入らない部位)を薄くスライスしてお皿に広げ、
冷蔵庫でよく冷やします。
食べる直前に軽く塩コショウ&オリーブオイルを振りかけ、
ルッコラと薄切りにしたマッシュルームを
オリーブオイル、白ワインヴィネガー、塩、コショウ、バルサミコ酢で
軽くマリネして盛りつけます。
うすーくスライスしたパルミジャーノチーズを散らして完成。
レモンをたっぷり搾って。


2品目、ナスのウニ焼き。
4〜5cm程度に切ったナスを素揚げし、
作り置きのトマトソース、生ウニ、パルミジャーノチーズ、
バター少々を乗っけてオーブンで焼きました。
仕上げにイタリアンパセリをぱらり。


3品目、ノドグロのスープ仕立て。本日のメインです。
深めの耐熱皿にノドグロ(赤ムツ)とハマグリを並べ、
ニンジン、玉ネギ、セロリのせん切りを散らして、
サフランとニンニクで風味をつけたブイヨンを注ぎ、
大きな蒸籠で、火が通るまで蒸し煮にしました。
仕上げに刻んだトマトとイタリアンパセリをあしらいます。
ブイヨンは、時間のある時に大鍋いっぱいの鶏ガラと野菜を
煮込んでとり、小分けにして冷凍しておいたものがあったので、
下拵えが助かりました。備蓄ばんざい。


スープの魚、最初は小鯛にするつもりだったのですが、
買い出し係を務めてくれたオットからの電話で売り場にノドグロ様が
おわすことがわかり、急遽変更となりました。
最近都会でもだいぶ認知度が上がってきたノドグロは
私の故郷(日本海沿岸)では「ハレの日のお魚」として扱われる高嶺の花。
白身でありながら旨味たっぷり、火を通してもすごくジューシー。
煮てよし焼いてよし。ただし値段が高いのが玉にキズ(泣)
本当に久しぶりに食べました。幸せ〜。


4品目はパスタ。今日は山海の幸盛りだくさんなので、
シンプルにフジッリのプッタネスカにしました。
刻んだアンチョビ、オリーブ、ケイパーをにんにくと唐辛子のオイルで炒め、
ホールトマトと煮詰めて、茹でたてのフジッリと和えるだけ。

プッタネスカ(娼婦風)って名前の由来は
その昔、イタリアの娼館でよく出された定番のひと皿だったからだとか
大人の味わいだからだとか諸説聞くけど、
ブラックオリーブの熟成した香りや、唐辛子がピリっと来るところ、
トマトソースの中にいろんな味わいが隠されているところ…
確かに、熟女を思わせるかも(笑)


ワインはオットが選んだ国内ワイナリーの赤。
酸味があって軽い口当たり。


デザートは「アイ・チョコ」。
溶かしたスイートチョコ&ミルクチョコに
卵黄、コーンスターチと煮てとろみをつけた牛乳を加え、
たっぷりのメレンゲと合わせて、オーブンで蒸し焼きにしたお菓子です。
アイスクリームを添え、フランボワーズのソース
(きいちごと水、グラニュー糖、レモン汁をミキサーにかけて裏ごししたもの)を
かけて、アツアツのブラックコーヒーでしめくくり。


粉類は入らないので実に軽い口当たりながら、
チョコがたっぷり入っているおかげで、適度な満足感が味わえました。
空気感のある舌触りは「エアロ」ってチョコの食感に似てるかも。
レシピを紹介してくれた本(↓)はこちら。

一流パティシエといっしょに美味しいケーキを作りたい (別冊家庭画報)

一流パティシエといっしょに美味しいケーキを作りたい (別冊家庭画報)

  • 作者: 河田 勝彦
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: 大型本



なんだか振り返ってみると、バレンタインと言いながら
自分が食べたいものを作ったような気もする…(笑)

にしても、よく食べました。
明日はWii Fitして粗食に務めます。


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 6

コメント 6

param

こんなに素敵なバレンタインディナーなら待っていた甲斐があった
というもの!?
ホント、レストラン予約しなくても良いですね。
手作りする時間もまた楽しいし、何よりも喜んでくれる顔を見るのが
幸せですよね~。

ノドグロ様、私も見つけたらお料理してみたいです。
何て美味しそうな~!
ナスのウニ焼きも異業種交流会(?)みたいで面白いです!
by param (2008-02-20 10:58) 

のりりん

おいしそ〜!
どんなお店も太刀打ちできない、完璧なイタリアンディナーですね!前菜、メイン、パスタもさることながら、デザートの一手間にだんなさまへの愛情を感じます〜♪
by のりりん (2008-02-20 20:37) 

花火師

このなすのウニ焼き・・・いいなー
匂いだけでも届けてほしいです(笑)
by 花火師 (2008-02-21 00:54) 

ぴー

★paramさん
わーいありがとうございます、こういうイベントデー向けのお料理って
相手を喜ばせることはもちろん、自分で作っている最中も楽しめて、
一粒で二度美味しいですよねー。
ノドグロはお高いので(ちなみに今回買ったのは、一尾3800円)
実家の方でもとっておきの時にだけ食卓に上るお魚でした。
シンプルに塩焼きにしてもいいし、甘辛く煮付けても美味しいので
見かけたらぜひぜひお試し下さい〜。
ノドグロ、あるいは「赤ムツ」という名前で並んでいると思います。
by ぴー (2008-02-21 14:47) 

ぴー

★のりりんさん
ありがとうございます、普段なら外でディナーもよいのですが、
今年の寒さの厳しさに、ひきこもりを選択している寒がりの我が家です(笑)
デザート、お皿に乗っけるとついついあれこれ盛り込みたくなってしまいます。
チョコにはやっぱりアイスクリームですね!
by ぴー (2008-02-21 14:51) 

ぴー

★花火師さん
普段はウニなんて全然買わないんですけど、このウニ乗せがしたくて
えいっと思い切りました。チーズやトマトソースにも合うんですよ〜。
写真づたいに、香ばしいかおりが届くとよいのですが。

★たねさん
nice!ありがとうございました。
by ぴー (2008-02-21 14:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。