So-net無料ブログ作成

フォンダン・ショコラでバレンタイン [今日のおやつ]

やってきました、2007年バレンタイン。
製菓業界の手のひらで踊らされていようとも、結構好きなイベントです。
「誰かに好意を伝えましょう」って趣旨が、ポジティブでいいね。

まぁ、男性陣の場合、女性とは違った意味で楽しみなようで、
うちのオットも、特別甘党でもないくせに、
バレンタインのチョコレートは欲しいんだとか。
それならいっちょ張り切ってみるか、と
今年は二日がかりで、手作りの「フォンダン・ショコラ」に挑戦しました。
出来上がったのがこちら。


参考にしたのは『dancyu』1999年2月号に掲載されたレシピ。
一口にフォンダン・ショコラといっても作り方は様々ですが、
dancyu版は「外側部分と内側部分を別々に作る」という、
ギミックのあるところに惹かれました。

使ったチョコは、ヴァローナ社(仏)の製菓用スイートチョコ2種。
少し甘めの「カラク(カカオ56%)」と、
ビターめの「グアナラ(カカオ70%)」です。
かけらをちょっと含んでみただけでも、カカオの豊かな香りとかすかな酸味、
心地よい苦味が広がります。

仕込みは前日から。
まずはカラクに生クリーム、ミルク、バターを加えてガナッシュを作ります。
洋酒で風味を加えたら、ボール状に丸めて冷凍庫へ。

翌日はグアナラを溶かし、生クリーム、卵黄、バター、カカオパウダー、
アーモンドプードルetc.を加えて練り合わせて生地を作ります。
使う薄力粉はほんの少しで、ふくらませる役者は、しっかり泡立てたメレンゲ。
カカオの風味を壊さないよう、作業は常に、生地を温度計で計って行います。
40〜45℃間に保つのが意外に難しい…。


写真は、準備したセルクルに出来上がった生地を絞り、
前夜から凍らせたカラクのガナッシュを仕込んだところ。
なんだか、小龍包の要領と似てるなー。
この上をさらに生地で覆って、オーブンで焼き上げます。

出来上がったら、急ぎつつもそ〜っと型から外し、
アイスクリームと盛りつけて粉糖を振り、
ピンクペッパーを散らして、猛ダッシュでテーブルへ!
ぼやぼやしてると、ケーキの熱でアイスがどんどん溶けてしまうので、
とにかく急ぐ!
ナイフよーし、フォークよーし!(指さし確認)
オット、コーヒーよろしく!(←使ってる)


さてさて、
フワフワに焼き上がったところに、サクリとナイフを入れると…


中から、熱〜いカラクのガナッシュがとろ〜り!
やったー!
成功!!!

ほろ苦い外側とは対照的に、
内に秘めた、ラム酒入りの薫り高い甘いチョコソース…
素っ気ないふりして、心はメロメロなツンデレのよう(笑)

にしても、シックな見かけで、やたらセクシーなお菓子です。
さすがおフランス。

コクのある苦味と甘味、とろ〜んとした熱いソースの濃厚さには、
冷たいバニラアイスが本当によく合います。
ピンクペッパーのカリッとした歯ごたえと刺激もいいアクセント。

初チャレンジながら、なかなかの出来映えに自画自賛。
作った自分が一番大満足のバレンタインです。


nice!(5)  コメント(13)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 5

コメント 13

まゆみっふぃ

こんにちは、フォンダンショコラ大好きなのでひかれてきちゃいました。
素敵!!!!とってもいいにおいがしてきそうです。
もらった人は幸せですね。
by まゆみっふぃ (2007-02-14 10:03) 

のりりん

す、す、す、素晴らしーい!!
ナイフを入れたところからチョコがとろ〜り!
こんなのが自分で作れちゃうなんて!
大成功ですね。ばんざーいばんざーい。(お前が喜んでどうするか)そうか、本物のフォンダンショコラはこんなに手間ひまがかかるものなんですね。一番安い森永のクーベルチュールひとつでだんなをごまかしてしまった私っていったい…。
by のりりん (2007-02-14 10:47) 

うさ♪

おおおおーっ、なんて美味しそうなの?
あっ失礼しました。
はじめまして。

つい最近オーブンを買った私。
今度挑戦してみようかしら…。
by うさ♪ (2007-02-14 12:06) 

ぴー

★まゆみっふぃさん
ようこそ!&はじめまして。
フォンダンショコラ、ずっと憧れのお菓子でしたが、頑張ればなんとか自宅でも
作れると分かって、今年は有意義なバレンタインでした。
熱々ケーキなので、この時期にはぴったりですよね。

★のりりんさん
わーい、一緒に喜んでもらえて喜びもひとしお。
いやー、やりました、やりましたよついに! 我がバレンタインに悔いなし。
…と、感涙にむせびそうになるほど、手間のかかるお菓子でした(笑)
もう終盤は、このレシピを征服するのに燃えるあまりバレンタインという本来の
目的をすっかり忘れ、やたら闘志を燃やしてしまい、出来上がった時に
一番喜んでいたのも自分だったような気がします(笑)

★eggchocolateさん
ようこそ!&はじめまして。
アイスが溶けるのを気にしながら慌てて写真を撮りまくったので、美味しそうと
言ってもらえると、頑張った甲斐があります!
オーブン新調されたんですね、いいなー。(うちのはだいぶオンボロに)
フォンダン・ショコラ、手順を確認しながら作ればそんなに難しくはないので、
ぜひ作ってみてくださいね。
by ぴー (2007-02-14 15:26) 

李 萬中

ケーキ作りは女の戦場なのか、激しいな。
食べる前にケーキからチョコが出たところで
任務完了なような気がするw

ところで、
>心はメロメロなツンデレのよう(笑)
ここも笑ったが、コメント欄の

>我がバレンタインに悔いなし。

ぴーちゃんはラオウのように燃え尽きたのかw
by 李 萬中 (2007-02-14 23:20) 

ぴー

★李 萬中さん
あはは、戦場! 確かに、ここ数日のブログ界はチョコやケーキが入り乱れて
そりゃもう大騒ぎでしたね。バレンタインのすごさを実感。
私の戦いはご指摘の通り、目論見通りにチョコがとろ〜んと流れ出したところで
完了しました。ばたり。(前のめり)

>ぴーちゃんはラオウのように燃え尽きたのかw

愛で〜空が墜ちてく〜る〜…。
by ぴー (2007-02-15 15:05) 

李 萬中

>愛で〜空が墜ちてく〜る〜…。
実は萬中、カラオケで原曲キーで歌えます。
もちろん一人でも、二人でもw
by 李 萬中 (2007-02-16 02:57) 

スカビオサ

うおぉぉぉ~~~!これは一体何なのですか???
ぴーさんって凄い!!!
フォンダンショコラ、大大大成功じゃないですか!
それに綺麗に盛り付けてあるし、本当に素敵です~♪
私は今までチョコレートは既製品ばかり・・・
ぴーさんの旦那さまは幸せですね!!!
by スカビオサ (2007-02-17 11:31) 

ぴー

★スカビオサさん
大大大成功ですか!? ちょっと気合いを入れてみたので、そう思ってもらえると
ホントに報われます、ありがとうございます!

>ぴーさんの旦那さまは幸せですね!!!

いや…それはどうだろう…(笑)
終盤、助手をさせられたり、「焼き上がるタイミングでコーヒー淹れてね!」と
要求されたりしていたオットなので、幸せだったかどうかはわかりませんが、
「美味しい」とは言ってくれたので、よいバレンタインでした。
夫婦になるとバレンタインも共同作業になりますね(うちだけか?)
by ぴー (2007-02-17 22:21) 

チカ

こんにちは~。ご無沙汰しております。

ああ、なんて美味しそうなんでしょう!
温かいフォンショコラと冷たいアイスクリームの絶妙な組み合わせもたまりませんよね!

美味しそうな料理が紹介される度にぴーさんの家に居候したくなります(笑)

私は、既製品チョコで済ませ、さらに自分でほとんど食べちゃってます…
by チカ (2007-02-19 12:36) 

ぴー

★チカさん
コメントありがとうございます、こちらこそご無沙汰してます。
チョコレート、私も去年は既製品でした。
最近は「自分チョコ」なんて言葉もあるし、シーズンには珍しいブランドのものも
並びますから、ついつい、自分用に買ってみたくなりますよね〜。
あったかいフォンダンショコラには、やっぱりアイスが王道。
熱さ冷たさを同時に味わえるとこも、なんか欲張りなデザートですよねー。
by ぴー (2007-02-19 22:27) 

Mizumizu

あまりにおいしそうな写真なので、思わずコメントしてしまいます。
ハワイでチョコレートスフレという名のフォンダンショコラを食べてきました。
やっぱり、これ(拙ブログのチョコレートスフレ)ってフォンダンショコラですよねえ・・・
スフレはカップに入っているものと思ってましたが、本当のところ、違いはなんなんでしょうか・・・
by Mizumizu (2008-10-07 22:42) 

ぴー

Mizumizuさん、こんにちは〜。
コメントありがとうございます。頑張って写真とった甲斐がありました(笑)

ブログ拝見させていただきました、旅行記大好きなので楽しかったです!
にしても、そちらの写真の「スフレ」、フォンダンショコラと
本当にそっくりですね〜。

メレンゲにいろいろ混ぜてオーブンで焼いて、
ふわっ、しゅわっとした食感のお菓子は、ほぼ「スフレ」でくくれるようなので、
してみると、フォンダン・ショコラもスフレ属(なんだそりゃ)の一員なんですよね。
さらに調べてみると、フォンダンって、フランス語で「とろける」って
意味らしいので、中に仕掛けがしてあってとろ〜り、だと、
晴れて「フォンダン・○○」を名乗れるのかも。
ハワイのお店は、そのディテールにこだわらず、
大ざっぱに「スフレ」って呼んでたのかもしれませんね(笑)

by ぴー (2008-10-09 02:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。